耐光性試験の受託について
Accelerated Weathering Test

自動車関連耐光性試験

SAE J576(自動車光学レンズ規格)試験

AWSGはFederal Motor Vehicle Safety Standardに義務付けられた自動車ヘッドランプ・テールランプなどプラスチック光学レンズの規格であるSAE J576のパッケージ試験で受託可能です。
*プラスチック光学レンズ向け材料:PC, PMMA, 透明樹脂材, コーティング材など

AWSGはフロリダ・アリゾナ曝露場を有しており、SAE J576で規定された光学特性評価の知識・経験豊富でございます。
弊社はお客様がAMECAリストに掲載されるようサポートは可能です。


実車曝露試験

AWSGのアリゾナ・フロリダ各試験場ではシールドカーテン内もしくは太陽光追跡式回転台での実車曝露試験を行っています。ユーザー様のご指定に応じて、エンジン・エアコンの作動、洗車、ワックスがけなど可能でございます。

アトラスソーラーチャンバーシリーズ

3Dサンプルの試験には大きなチャンバー内でフルスペクトルの太陽光・温度・湿度によりシミュレーションを行います。自動車部品・ソーラーパネル・電子機器の促進試験に使用されている。


波長分布

SC2000規格

温度(照射時) -20 to +100°C
温度(暗黒時) -30 to +100°C
湿度(照射時) 10 to 80% (15-80°C)
湿度(暗黒時) 10 to 90% (15-90°C)
放射照度  600 to 1200W/m² (approx)
内寸:1930 x 965mm; 76 x 38inches
適用規格:DIN75 220; MIL810ほか自動車メーカー規格にも対応しております。


IP/DP BOX試験

IP/DP (インストルメントパネル/ドアパネル) ボックス試験は、自動車内の内装に使用されるあらゆる材料の耐久性、または退色性を調べるための、ガラスの下での耐候性試験方法です。

太陽放射露光量を最大化するため太陽光追跡(アリゾナのみ)ならびに南面45度の固定角度(アリゾナおよびフロリダ)のボックスがございます。試験サンプル上に均一な空気を送風し、設定した最高温度を超えないように出来る温度制御可能です。
ガラスのタイプ:各自動車メーカー規格に準じたフロントガラスやサイドガラスを選ぶことが可能です。


  • BOXサイズ
    ・長さ:185.4㎝
    ・幅:92.5㎝
    ・高さ(深さ):66.7㎝
    適用材料例
    エアバックカバー/B-ピラー/カーペット/コンソール/ドアパネル/繊維生地/グローブボックス/ヘッドライナー/ヘッドレスト/インストルメントパネル等製品ごと曝露可能です。


アンダーグラス曝露、アンダーグラス・ブラックボックス曝露試験及びブラックボックス曝露試験

アンダーグラス曝露試験:自動車向け内装材、住宅向け内装材の試験として、アリゾナ、フロリダ、シンガポールなどで可能です。
アンダーグラス・ブラックボックス曝露試験:自動車・内装材向けの試験として、アリゾナ、フロリダで可能です。
ブラックボックス曝露試験:自動車・外装材・自動車・内装材向けの試験として、アリゾナ、フロリダで可能です。



アンダーグラス曝露試験、アンダーグラス・ブラックボックス曝露試験
ガラス越しに太陽光を試験品に照射させるもので、自動車向け内装材、住宅向け内装材の使用環境を模擬した曝露試験です。
用途:自動車向け内装材(インテリア、カーペット、コンソールボックス、加飾部品など)、住宅向け内装材(カーペット、床材など)
使用可能なガラス:通常ガラス、UVカットグラス、色ガラス、合わせガラスなど選択可能です。


ブラックボックス曝露試験

ブラックボックス上に試験品を置くことにより、通常の屋外曝露試験と比べて表面温度を上げるための曝露試験です。
用途:自動車向け内装材(コンソールボックス)、自動車向け外装塗料など

お問い合わせ