自動車関連の採用・提案事例
Automotive

  • HOME > 
  • 関連採用・提案事例 > 
  • 自動車関連の採用・提案事例


自動車関連のお客様 採用・提案事例

+

お客様 ご相談事例 採用・提案事例 ご参考
1 自動車関連 素材メ-カー様
L社
ヘッドランプ向けに新しい材料を開発したが、試験をどう行い、AMECA LISTにどう登録していいか分からない
*AMECA=Automotive Manufacturers
Equipment Compliance Agency Inc
ATLAS社はAMECAの認証機関になっており、SAE J576・FMVSS571.108に基づく自動車照明用樹脂材料の評価を歴史的に多大なる実績を有しております。また弊社も試験前の試作品作成前からAMECA登録までサポートしております。 SAE試験
2 自動車関連 素材メ-カー様
Q社
上市まであと3年になったが、開発時間が十分になく、屋外暴露の結果が出るまで待っていることが出来ない。 EMMAQUAを紹介し、太陽光を使った促進試験であり、開発期間の短縮つながったととコメント頂きました。 EMMAQUA
3 自動車関連メ-カー様
X社
インストルメントパネル、ドアパネル、コンソールボックスの製品ごと促進曝露試験ができないか ATLAS社アリゾナ・フロリダ曝露場でIP/DP BOXを有しており、そのような製品ごと曝露評価可能です。また、BOX内の温度・湿度設定もお客様の依頼に合わせて対応可能です。 IP/DP BOX
4 自動車関連 部品メ-カー様
Y社
北米市場向け材料開発にあたり、アメリカには日本に存在しない砂漠気候があり、日本で模擬できる曝露場がなく、困っていた。 ATLAS社アリゾナ曝露場を紹介し、今でも曝露試験を継続されております。8月には最高気温45℃以上(湿度20%以下)になることもあり、日本では生じない劣化が起こり、開発の一助となっております。 アリゾナ曝露場
5 自動車関連 素材メ-カー様
Z社
数か月の曝露をいつ始めても同じような評価結果となる曝露場はないか シンガポールは赤道直下に位置した熱帯雨林気候に属します。そのため、年間通して安定した気温・湿度・雨量・紫外線量になっており、いつ始めても同じような評価結果になっております。 シンガポ-ル

お問い合わせ